苔寺 [西芳寺] | 拝観予約必須。写経体験・御朱印と庭園散策

苔寺 御朱印

苔寺(西芳寺)は、120種類余りの多様な苔に覆われた庭園が有名な世界文化遺産。苔好きの聖地です^^ ふらっと訪ねても参拝できませんのでご注意ください。

参拝するには、
(1)往復はがきによる事前予約
(2)参拝冥加料 3,000円
上記2点をクリアする必要ありです。

苔寺参拝の内容は、写経と庭園見学。1回に参加できる人数は70~80人くらいでしょうか。週末でも混雑することなく、写経体験と世界文化遺産の庭園をゆっくり堪能できます。拝観所要時間は60~90分。

予約方法、写経体験、お庭の見どころ、アクセス方法をシェアします^^

基本情報
苔寺 [正式名称:西芳寺]
所在地 京都市西京区松尾神ケ谷町56
TEL.075-391-3631
拝観時間 事前予約による
拝観料金 1名 3,000円(中学生以上)
※小学生以下の子供・乳幼児の同伴不可
西芳寺 公式サイト

【1】苔寺 [西芳寺] とは?

苔寺(こけでら)は通称で、正式名は西芳寺(さいほうじ)。
西芳寺は臨済宗の単立寺院で、120種類余りの多様な苔に覆われた庭園は世界的にも有名です。apple 創業者のスティーブ・ジョブズもお忍びで度々訪れたそうですよ。

西芳寺庭園は、南北朝時代に禅僧 夢窓疎石が考案した建築と庭園が一体化した庭園。眺望を楽しむというスタイルが評判を呼び、鹿苑寺庭園・慈照寺庭園をはじめ後世の庭園に大きな影響を与えました。

もこもこの苔

・西芳寺のあゆみ

  1. 飛鳥時代、この地には聖徳太子の別荘があったといわれています。
  2. 奈良時代、聖武天皇の詔により、僧・行基が法相宗「西方寺」を開山。平安時代初期には弘法大師が一時住し、鎌倉時代初期には法然上人が中興し浄土宗に改宗するなど、再編や荒廃を繰り返します。
  3. 「西芳寺」となるのは南北朝時代の暦応2年(1339年)。高僧であり作庭の名手でもあった夢窓疎石が禅寺として、堂宇と庭園を大修復して再興。朝廷・幕府・民間からの崇敬を集めました。
  4. 室町時代、文明元年(1469年)兵火により建物は焼失しますが、庭園は地割と石組みがすべて保持されました。
  5. その後再興され、江戸時代末期頃に現在のような苔に覆われた庭になったといわれます。その姿もまた名園と評価されています。
  6. 昭和3年(1928年)より庭園を一般公開。昭和52年(1977年)からは観光公害* 対策のため、事前申込(往復はがき)による少数参拝制になりました。

観光公害*
1970年代に西芳寺周辺は観光客が増加し、ゴミや自動車の排気ガス・騒音や交通事故が増えて問題となりました。

・西芳寺、名前の由来

元々の寺名「西方寺」は、西方浄土の教主である阿弥陀如来を祀る寺にふさわしい名称でしたが、夢窓疎石が臨済宗に改宗する際に「西芳寺」と改めました。

禅宗の開祖・達磨大師に関する故事「祖師西来、五葉聯芳」に由来しています。そして、本堂の西来堂には「西芳精舎」の額が掲げられました。

※祖師西来、五葉聯芳(そし せいらい ごよう れんぽう)は、祖師は西から来られて、五つの花が順に咲くように悟りを開かれた、という意味だそうです。

【2】拝観申込み方法

西芳寺では、宗教的な雰囲気の中で心静かにお参りいただきたいという願いから、お寺本来の拝観方法を重要視されています。

本堂で写経をして奉納・参拝した後で、庭園を拝観します。庭園だけ見るという事は出来ません^^

・往復はがきで申込み

参拝証がないと参拝出来ません。
必ず、往復はがきで事前申込をして「参拝証」を手に入れましょう。そして、当日は参拝証を忘れずに持っていきましょう。忘れたら入れません!

  • 参拝希望日の2ヶ月前から受付。遅くても1週間前に必着。
    苔が美しい梅雨の時期、紅葉の時期は参拝申込が集中するので、早目に申込みましょう。複数の希望日を書いておくと安心です。
  • 往復はがきに参拝希望日、総人数、代表者の住所・氏名・電話番号を明記します。※時間指定はできません。
    申込多数の場合や法要のためご希望に添えない場合もあるそうです。

※詳しい書き方は公式サイトでご確認ください。

今回、週末の梅雨の時期を狙って念のため第3希望まで記入し、 第1希望日のきっかり2カ月前にポストに投函。

・返信はがきが拝観証

参拝証となる返信はがきは、1週間以内に届きました。先着順での受け付けのようで、 第1希望日の10時に決定。

西芳寺 拝観ハガキ

・おすすめの季節

せっかく訪れるなら、苔が生き生きと美しい庭園が見たいですよね。となると、雨の多い梅雨の季節がおすすめという事になります。

青紅葉と苔に覆われた緑の世界は必見です。そして、青紅葉が美しいという事は、秋の紅葉もさぞかし見ごたえがあるのではないでしょうか^^

  • 梅雨の季節
    6月下旬~7月初旬くらい。
    ※4月下旬~5月以降に申込。
  • 紅葉の季節
    11月中旬~12月初旬くらい。
    ※9月中旬以降に申込。
ミィコ
梅雨の時期の週末は混むのかなと、ちょっと心配していましたが無事に参拝証をゲット!

【3】苔寺の拝観ポイント

拝観の所要時間は60~90分。受付などの待ち時間も考慮すると、90分は予定しておいた方が安心だと思います。

・拝観受付まで

京都バスの終点「苔寺・鈴虫寺」に着いたらもうすぐです。途中の石垣も苔むしていて期待が高まります。最初に総門が見えてきますが、ここからは入れません。

西芳寺 総門
▲西芳寺 総門

もう少し進むと衆妙門があり、待っている人がチラホラ。駒札・拝観案内の札が立っているので、ここが出入り口で間違いなさそうです。

担当者が来られたら、予約ハガキを見せて門の中へ入ります。

西芳寺 門
▲西芳寺 衆妙門
西芳寺 本堂
▲西芳寺 本堂

門を入ると左前方に昭和44年(1969年)に再建された本堂、西来堂(さいらいどう)が現れます。手前に立派な枝垂桜もあって、春も楽しめそうです。

西芳寺境内
▲庫裡への道。青紅葉がキレイ

拝観受付は、本堂の奥にある庫裡です。ハガキと参拝冥加料 3,000円を支払い、庭園案内図を受け取ります。

御朱印を拝受したい場合は、この時に御朱印帳を預けます。志納金は帰りに御朱印帳と引き換えにお支払いします。

ミィコ
西芳寺を再興した夢窓国師を招聘したのは、松尾大社の宮司・藤原親秀だそうです。西芳寺と松尾大社の関係が気になりますね。

・本堂で写経

本堂内は写真不可。
ご本尊は阿弥陀如来、襖絵は日本画家・堂本印象の作品です。

広い本堂には、一人用の文机、墨汁の入った硯と墨と筆が、整然とセッティングされています。70~80名くらいが一度に写経できます。椅子席も少しありました。

西芳寺 本堂
▲本堂の廊下

文机の上に置かれた用紙は写経の説明書で、本番の「延命十句観音経」写経は、後ほど配られる原寸サイズ(薄く文字が印刷されている)の用紙を使用します。

ハガキに筆ペンと書いてあったので持参しましたが、せっかく硯や筆が用意されているので筆に変更。自分の下手具合にがっかりしつつも、印刷をなぞって筆をすすめば、なんとかなりました^^

西芳寺 写経説明
▲写経の説明用紙

「延命十句観音経」は 50文字くらいなので、 所要時間は個人差がありますが10分くらいで完成。

ご本尊の前に納経し参拝を終えたら、庭園へ向かいます。

ミィコ
外国人の方も一緒に写経されていましたが、漢字は難しいかもですね。英語の説明書も用意されていました。

・名勝庭園(下段|池泉回遊式)

西芳寺 境内図
▲西芳寺庭園 見学順路
  • 南北朝時代の作庭当初
    名園と名高く、華やかな風景を呈していたと伝えられています。康永元年(1342年)には北朝初代の光厳天皇が、室町幕府初代将軍の足利尊氏を従えて行幸されました。

    下段の平地部は、庭園を見下ろせる二層の楼閣「瑠璃殿」などの庭園建築(※当時の建築物は焼失)と花木に彩られた池泉回遊式庭園。上段の山腹には座禅堂「指東庵」と枯山水石組み。山頂には桂川を展望するための休憩所「縮遠亭」があったそうです。
  • 現在の庭園
    荒廃の後も庭園は苔に覆われながら保持され、その美しさから苔寺とも呼ばれ、史跡・特別名勝に指定されています。

    下段の黄金池を中心とした池泉回遊式庭園の地表は多様な苔に覆われ、楼閣はありませんが、庭を見渡せる開放的な茶室「湘南亭」や、上段の枯山水石組みに作庭当時の姿を少し偲ぶことが出来ます。
苔の庭入口
▲庭園への道。苔がキレイ
西芳寺 最初の池2
▲池と木々
西芳寺 最初の池1
西芳寺 庭園
湘南亭茶室
▲茶室「湘南亭」

湘南亭
豊臣時代に千利休の次男、千少庵により建立された茶室。北に張り出した月見台が特徴で、庭園を見渡すことができる開放的な茶室です。千利休が豊臣秀吉より切腹を命じられた時、一時隠れ家として利用したと言われています。また、明治維新の際には岩倉具視がここに隠れ難を逃れました。

朝日ケ島を望む
▲奥が朝日ケ島
朝日ケ島と夕日ケ島
▲朝日ケ島と夕日ケ島
西芳寺 苔の橋
▲橋も苔むしています
夕日ケ島あたりの池
▲夕日ケ島あたりの池

黄金池(おうごんち)
西芳寺庭園の中心となる池。「心」の字をかたどっているので「心字池」とも呼ばれるそうです。心の形なのかどうかは、全くわかりませんでした^^

観音堂
▲観音堂が見えます

・名勝庭園(上段|枯山水)

暦応2年(1339年)に、夢窓疎石によって築かれた日本最古の枯山水の石組。夢窓疎石の寿塔(生前に建てておく塔婆)を造形化したものと言われます。

それまで庭園と言えば、池を中心とした池泉庭園が主流。禅の精神性を反映させた石組を庭の主役とする手法は、当時としては非常に革新的で、後の枯山水庭園の原点となりました。枯山水庭園の最高峰とも評されています。

西芳寺 向上関
▲向上関から上段の庭へ
指東庵
▲指東庵

指東庵(しとうあん)
西芳寺の開山堂です。行基菩薩、眞如法親王、夢窓國師の御位牌と藤原親秀夫妻、夢窓國師の木像が祀られています。建物の右横に枯山水石組みがあります。

西芳寺 枯山水
▲枯山水の石組み

一般的な枯山水のイメージといえば、敷かれた白砂ですよね。
その感覚で見ると、単に岩がゴロゴロしているだけにも見えたりして‥。素人には素晴らしさがちょっとわかりにくいかも。作庭意図の説明駒札があったら嬉しいなぁと思いました^^

西芳寺 上段の道
▲上段の庭の道
ミィコ
上段の庭にはたくさんの岩が目につきます。意図的に作庭されたんでしょうね。禅のお庭は奥深いです^^

【4】御朱印

見開きタイプの御朱印。日本に禅宗を伝えた達磨大師のイラスト入りです。印は「西芳精舎」

・御朱印

西芳寺 御朱印
ミィコ
とっても品のある御朱印です。控えめながらも、勢いのある筆跡がカッコいいです^^

【5】苔寺へのアクセス

京都バスで行くのがおすすめ。

[A] 地点が苔寺の出入り口、衆妙門。
[B] 地点のバス停「苔寺・鈴虫寺」から苔寺までは徒歩約3分。

・京都駅からバス

★京都駅前バスターミナルのりば案内
[C6乗り場] 京都バス73 苔寺・鈴虫寺行き「苔寺・鈴虫寺」まで約56分

TAXI 所要時間 約25分/2,620 円
総距離 約8km タクシー料金検索
※苔寺・鈴虫寺バス停までの料金です。
※料金・所要時間は実際とは異なる可能性があります。

・三条京阪からバス

[Fのりば] 京都バス 63 苔寺・鈴虫寺行き「苔寺・鈴虫寺」まで約55分
※京阪電車出入口(6)番の南、鴨川沿いです。

・阪急嵐山駅からバス

★阪急電車|嵐山駅前バスのりば案内
[南行のりば] 京都バス63、73 苔寺・鈴虫寺行き「苔寺・鈴虫寺」まで約11分

・電車の最寄り駅

阪急 嵐山線「松尾大社駅」から徒歩約17分
阪急 嵐山線「上桂駅」から徒歩約16分

ミィコ
京都バスで「苔寺・鈴虫寺」を起点にするのが一番わかりやすいと思います。^^

関連記事です!

近くの名所旧跡
鈴虫寺 [華厳寺] | 願いが一つだけ叶うお寺。軽妙な説法は必聴
地蔵院 | 竹林と紅葉と苔が美しい、一休さん生誕の寺

※この記事の史実に関する記載は、西芳寺公式サイト、西芳寺駒札、Wikipedia等を参考に作成しました。

ABOUTこの記事をかいた人

猫好き管理人ミィコです。京都散策に役立つブログを目指して、スローペース更新中。基本的に市バス・電車で移動です。主に週末ふらふらしています。facebookでブログ更新お知らせ中!