八坂庚申堂 | 庚申信仰の由来を知って、くくり猿で御利益を拝受

八坂庚申堂

八坂庚申堂は、カラフルな”くくり猿”で有名。くくり猿で願いを叶える秘訣は、欲張らずに”欲”を一つ我慢する事だそうですよ。

さらに、境内には「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿像もあちこちに見つけることが出来ます。

なぜ「猿」の像や授与品が誕生したのでしょうか? その理由は、庚申信仰では猿が神様の使徒だからです。猿がキャラクターになった由来と歴史を調べました。

そして、門前の気になるロマンチックな石碑「夢見坂」のご紹介とあわせてアクセス方法もご紹介します。

基本情報
八坂庚申堂(やさかこうしんどう)
所在地 京都市東山区金園町390-1
TEL. 075-541-2565

※正式名称:大黒山 金剛寺 庚申堂
 日本三庚申の一つ。

【1】庚申信仰と猿の関係

・庚申信仰とは?

庚申(こうしん)信仰は、奈良時代に中国から伝来した道教の「三尸(さんし)説」から始まっているそうです。

人の体内には三尸という3種類の悪い虫が棲み、庚申(かのえさる)の日の夜、眠っている間に体から出て天帝にその人の罪を告げ口しに行くといいます。そして、天帝は罪の大きさに合わせて、その人の寿命を短くする罰を与えるというものです。

そこで、寿命を短くされないように、庚申の日の夜は身を慎んで徹夜する信仰と行事「守庚申(しゅこうしん)」が生まれました。眠らなければ、三尸が体から出ることが出来ないと言う発想です。

守庚申は、庚申待(こうしんまち)、庚申会(こうしんえ)、庚申講などとも呼ばれました。

庚申(かのえさる)とは
昔の暦である、中国の陰陽五行説の十干十二支(じっかんじゅうにし)の組合せの一つです。組み合わせは60通りあるので、「庚申」も60日または60年ごとにめぐってきます。

・日本では「猿」が重要な存在

庚申信仰が伝わった後、神様の使徒を「猿」と考える日本固有の民間信仰と混ざりあい、「猿」を共通項にした新たな信仰へと変化し、庶民に広まっていったのではないかと考えられています。(神仏習合)

干支の「申(さる)」=「猿(さる)」という事も関係ありそうです。日本人は語呂合わせが大好きですからね^^

・猿が仕える神様は「青面金剛」

15世紀後半になると、神仏を供養することで禍から逃れ、現世利益を得ようとする流れから、本尊を祀るという形へと変化していきます。

そんな時、お猿さんがお仕えする日本独自の庚申信仰の本尊として「青面金剛」が現れました。信仰が一番多彩に盛り上がったのは江戸時代だそうです。

青面金剛の足元には「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿も一緒に祀られ、病気平癒・災難厄除け・学業成就・商売繁盛、安産など霊験あらたかな御利益で信仰されています。

青面金剛(しょうめんこんごう)
元来は、密教で鬼病を流行させる鬼神。体は青色で、二本、四本または六本の腕があり、弓矢宝剣を握り、頭髪はさか立ち、体に蛇をまとい、足に鬼を踏んでいる。

※日本では、後世、庚申信仰に取り入れられ「庚申さん」の本尊となりました。三尸の虫を退治してくれる神として信仰されています。

八坂庚申堂 門
▲八坂庚申堂の門
八坂庚申堂 くくり猿
▲本堂。三猿がお守りしています。
八坂庚申堂 三猿
▲門の上の三猿「見ざる、言わざる、聞かざる」
ミィコ
密告されないように徹夜する風習から始まり、日本で猿の信仰と習合した後、猿が使える神が出現。順番が面白いですね。

【2】くくり猿で願掛け

「くくり猿」は、体内に御本尊の青面金剛の御札が納められたお守り。欲に走る心を戒めるために、手足をくくられ身動きができない姿をしているのが特長です。

願掛けする際に紐で結ぶことから、猿結び=縁結びのご利益があると、特に若い女性に大人気。願い事を叶えるには、欲を一つ我慢して祈願するのが秘訣だそうです。

また、周辺の店舗の軒先などでは五連のくくり猿も見かけます。これは、家庭円満や商売繁盛、ご縁を結ぶ等の願掛けしているものだそうです。

八坂庚申堂 くくり猿
▲手足が紐でくくられています
八坂庚申堂
▲本堂の くくり猿
ミィコ
カラフルなくくり猿であふれている光景は、華やかで印象的。明るい気持ちでお参りすれば、願いが叶いそうですね!

【3】可愛い手づくり授与品

ご祈祷により魂が込められた授与品が用意されています。
御利益は「猿」つながりの語呂合わせにもなっていて親しみがわきます^^

  • 病気がサル(去る)
  • 災難がサル(去る)
  • 煩悩がサル(去る)
  • 見ざる、言わざる、聞かざる
  • 猿結び=縁結び
八坂庚申堂 猿の授与品
▲手づくりの猿の授与品

お猿さんをかたどった可愛いオリジナル授与品は、すべて職人さんの手作りだそうです。お参りの記念に持ち帰りたくなりますね。

・三猿(さんえん)

「見ざる、言わざる、聞かざる」のポーズをしたお猿です。近世になると庚申の猿にちなんで、このような行為をつつしむことが人生を安全幸福におくる秘訣だとする教えが尊ばれました。

・指猿(ゆびざる)

手足を器用に使うお猿さんにあやかって、手先が器用になると言われているお守りです。一つ一つが個性的で、とぼけた表情が可愛く魅力的です。

職人さんの手捻り、手描きで、一つとして同じものはありません。もの作りや手先を使う仕事をしている人に喜ばれそうなお守りです。

八坂庚申堂 指猿
▲指猿(ゆびざる)

・御朱印

「見ざる、言わざる、聞かざる」のお猿さんのハンコが可愛い御朱印です。

八坂庚申堂御朱印
▲八坂庚申堂 御朱印
ミィコ
指猿が可愛いすぎて、一目ぼれしました!

【4】夢見坂とは?

八坂庚申堂の門前に「夢見坂」と彫られた石碑があります。「夢見坂」とは、東大路通り交差点から法観寺(八坂の塔のある寺)までの「八坂通り」の別名。八坂の塔を望める京都らしい街並みと石畳が風情ある坂道です。

「夢見坂」は法観寺の開基といわれる聖徳太子が、いつか京都に都が遷るという夢を見たという言い伝えから名づけられたそうです。

京都 夢見坂
▲夢見坂
夢見坂の石碑
▲夢見坂の石碑
ミィコ
ロマンチックな「夢見坂」は聖徳太子が由来だったとは!聖徳太子の見た夢の通り、京都が都になりましたね^^

【5】八坂庚申堂 アクセス

・祇園四条が最寄り駅

京阪本線「祇園四条駅」1番出口から 徒歩約15分
阪急京都線「河原町駅」1B出口から 徒歩約18分

※京阪本線「清水五条駅」4番出口からも徒歩約15分です。※特急は停車しません。

・京都駅前バスターミナルから

バス停「清水道」下車 徒歩約4分

★京都駅前バスターミナルのりば案内
[D1のりば] 洛バス100 清水寺祇園・銀閣寺行
※清水道まで約14分
[D2のりば] 206 東山通・北大路バスターミナル行
※清水道まで約17分

関連記事です!

すぐ近くの名所のご紹介
八坂の塔 [法観寺] | 風情ある東山のシンボル。見どころと御朱印

ミィコ
八坂庚申堂は、インスタ映えで人気の定番スポット。「まず本堂にお参り。その後、写真撮影自由」という立て看板がありました。皆さん気を付けましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

猫好き管理人ミィコです。京都散策に役立つブログを目指して、スローペース更新中。基本的に市バス・電車で移動です。主に週末ふらふらしています。facebookでブログ更新お知らせ中!